Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機能強化した暗号化ソリューション「TotalFileGuard 2008 SP1」を発売

シーピーアイ・リバティー・算法は、機能強化を行った米Secward Technologies製自動暗号化ソリューション「TotalFileGuard 2008 SP1」を発売した。

同製品は、ユーザーが意識せず自動的にデータを暗号化できるセキュリティ対策ソリューション。暗号化や復号化は特定のPCのみで行うため、ウイルスや紛失などによりデータが外部へ流出した際も情報漏洩を防止できる。今回のバージョンアップでは、Windows VistaやWindows Server 2008に対応した。

またあらたに追加されたTSP(TotalSafePrinter)機能は、ファイルの閲覧有効期限や使用回数の制限が可能。失効したファイルの自動削除やバックアップ機能のほか、印刷の制限や透かしの埋め込み、コピー&ペーストの文字数制限といった機能を追加した。

(Security NEXT - 2009/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供