Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Windows Vista SP2」日本語版の無償ダウンロードを開始

マイクロソフトは、「Windows Vista」および「Windows Server 2008」の「Service Pack 2日本語版」の無償ダウンロードを開始した。

今回提供されるSP2は、SP1以降に提供された更新プログラムの累積、およびユーザーから寄せられたフィードバックに基づく修正プログラムをまとめたもの。互換性や信頼性、パフォーマンスの向上なども盛り込んだ。

おもな機能強化は、「Windows Search 4.0」による検索性能の向上と柔軟な管理機能、Bluetooth v.2.1のサポート、電源管理設定の向上などのほか、Windows Media Centerで著作権保護されたテレビ録画コンテンツを複数のデバイス間で共有できるよう修正された。

そのほか、SP2によってアップデートされたファイルを削除してハードディスクの容量圧迫を抑えるService Packクリーンアップツールや、互換性のないドライバーがある場合にService Packのインストールを停止する機能などが搭載された。無償ダウンロードのほか、DVD-ROMの有償提供も行う。価格は1050円で、6月5日より注文を受け付けるとしている。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
「CentOS 8」利用者向けに独自のサポートサービス - サイバートラスト
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」