Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティの動向を収録した「情報セキュリティ白書2009」が出版

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ白書2009」を出版した。出版社は、毎日コミュニケーションズで、価格は1200円。

同書は、情報セキュリティに関する被害や対策、制度、産業、資料など2008年の情報セキュリティに関する動向を収録した白書。利用者側、供給者側双方の視点から動向を分析した。

「中小企業の情報セキュリティ対策」「組込みシステムセキュリティ」「米国での脆弱性対応の現状」など個別のテーマについても取り上げた。また3月に公開した情報セキュリティに関する「10大脅威」を収録している。

(Security NEXT - 2009/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
AIの最新動向を解説した「AI白書2020」 - IPA
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
総務省、2019年版「情報通信白書」を発行 - 電子書籍やアプリでも
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」