Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性情報の自動収集を開始 - 開発者へ脆弱性情報公表の場を提供

情報処理推進機構(IPA)は、ソフトウェア開発者が配信する脆弱性情報の自動収集について試行を開始する。

IPAでは、ソフトウェアの脆弱性に関するデータベース「JVN iPedia」を運用しており、今回の自動収集は、より効率的な脆弱性情報の収集を実現するための試み。ソフトウェア開発者に対し、ウェブサイト上でJVNが採用しているRSS形式「JVNRSS」による脆弱性情報の配信を働きかけ、これら情報を収集する。

今回試行では、収集した情報を「JVN iPedia」を通じて公開するなど、開発者に対して脆弱性情報をより多くの利用者へ公表できる場を提供し、脆弱性情報の流通とともに利用者へ対策を促す狙いがある。さらにIPAでは翻訳も行い、英語版のJVN iPediaへ登録するため、海外の利用者に対しても情報を提供する。

試行は、ウェブサイト上で脆弱性をJVNRSS形式で発信し、IPAへ参加手続きを行うことで参加することが可能。IPAでは、配信形式の概要や情報発信のポイントをガイドとしてまとめ、提供している。

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も