Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性情報の自動収集を開始 - 開発者へ脆弱性情報公表の場を提供

情報処理推進機構(IPA)は、ソフトウェア開発者が配信する脆弱性情報の自動収集について試行を開始する。

IPAでは、ソフトウェアの脆弱性に関するデータベース「JVN iPedia」を運用しており、今回の自動収集は、より効率的な脆弱性情報の収集を実現するための試み。ソフトウェア開発者に対し、ウェブサイト上でJVNが採用しているRSS形式「JVNRSS」による脆弱性情報の配信を働きかけ、これら情報を収集する。

今回試行では、収集した情報を「JVN iPedia」を通じて公開するなど、開発者に対して脆弱性情報をより多くの利用者へ公表できる場を提供し、脆弱性情報の流通とともに利用者へ対策を促す狙いがある。さらにIPAでは翻訳も行い、英語版のJVN iPediaへ登録するため、海外の利用者に対しても情報を提供する。

試行は、ウェブサイト上で脆弱性をJVNRSS形式で発信し、IPAへ参加手続きを行うことで参加することが可能。IPAでは、配信形式の概要や情報発信のポイントをガイドとしてまとめ、提供している。

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も