Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報処理技術者試験で試験時間不足が発生 - 対象者に次回試験へ振替を実施

情報処理推進機構(IPA)は、4月19日に実施した2009年度春期情報処理技術者試験の一部会場において、試験時間の不足が生じたと発表した。

基本情報技術者試験の午前試験時間が7分間不足したもの。同機構では今回の問題を受け、対象となる受験者に対して次回試験へ振り替えを実施するほか、原因究明や再発防止対策を進めている。

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
県立高の配布プリント裏面に模試結果 - 佐賀県
職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
試験の解答用紙ファイル内に前年度の成績情報 - 山形大
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定