Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報処理技術者試験で試験時間不足が発生 - 対象者に次回試験へ振替を実施

情報処理推進機構(IPA)は、4月19日に実施した2009年度春期情報処理技術者試験の一部会場において、試験時間の不足が生じたと発表した。

基本情報技術者試験の午前試験時間が7分間不足したもの。同機構では今回の問題を受け、対象となる受験者に対して次回試験へ振り替えを実施するほか、原因究明や再発防止対策を進めている。

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
メール誤送信で採用試験受験申込者のメアド流出 - 鹿児島市消防局
情報セキュマネ試験のネット実施に向けて実証試験 - IPA
2022年上期情報セキュマネ試験、合格率は61.2% - 最年長合格者記録を更新
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro