Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印鑑照合の際に顧客情報紛失が判明 - 浜松信金

浜松信用金庫は、個人情報を含む帳票綴りの紛失を公表した。昨年、職員が紛失に気が付き、その後も見つかっていない。

同金庫蜆塚支店において信用金庫取引約定書等綴りが所在不明となっているもので、2008年12月25日に職員が印鑑照合しようとしたところ、紛失に気が付いたという。

個人取引先8件や法人取引先2件の顧客情報が記載されており、氏名、住所、生年月日など22件の個人情報が含まれていた。同金庫では、関係者に対して謝罪を行っているが、不正利用の報告や不正請求などは受けていないとしている。

浜松信用金庫
http://www.hamamatsu-shinkin.jp/

(Security NEXT - 2009/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
「Switch」が大幅割引とだます任天堂の偽サイトに注意
ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク