Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信で顧客の個人情報が流出 - ウッドフレンズ

不動産や建築資材の販売を展開するウッドフレンズにおいてメールの誤配信が発生し、顧客133人分の個人情報が流出した。

同社によれば、4月11日9時20分、同社が販売する分譲マンション「コレクション安城住吉」の内覧会開催を知らせるメールを送信。その際、従業員の操作ミスにより、メールでの情報提供を希望している顧客133人分の氏名とアドレスが表示された状態で送られた。

配信直後に誤操作に気付いたため、メールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。住所を把握している顧客に対しては、あらためて謝罪の書面を送付するという。

(Security NEXT - 2009/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出