Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民票など個人情報関連書類が所在不明に - 大阪市

大阪市は、市民局郵送事務処理センターにおいて個人情報の紛失事故が発生したと発表した。

金融機関から住民票の写しについて交付請求を受けた際、提出された証明書や交付した住民票など、個人情報が記載された書類を紛失したもの。

所在不明となっているのは、請求対象者の住民票や割賦販売に関する契約書をはじめ、交付を請求した企業の代表者事項証明書、委託証明書、企業担当者の社員証や運転免許書の写しなど。

同市から交付請求者へ封筒が返信されているが、封筒の中身が空だったという。同市では、関係者を訪問して事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2009/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
個人情報含む公文書など紛失、廃棄年度未記載で誤廃棄か - 三重県
マイナンバーカードが入った生徒の財布を紛失 - 埼玉県の高校
駅ホームで書類を落として飛散、一部未回収 - 北海道
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
マンション入居者の個人情報含む書類を紛失 - ユニオン・シティサービス