Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧子会社から顧客情報がWinny流出 - アイティーブースト

ITシステム事業を展開するアイティーブーストは、従業員のPCから旧子会社で扱った顧客情報がファイル共有ソフト「Winny」経由で流出したと発表した。

流出が判明したのは、2006年5月に合併した同社の旧子会社であるエクスビットの顧客情報92件。流出したデータは顧客によって異なるが、氏名やメールアドレス、電話番号、ドメイン名、企業名などが含まれる。

2月5日に外部から流出を指摘するメールがあり、翌6日に事故対策本部を設置し、調査したところ10日に流出したファイルを確認。原因となった従業員およびPCを特定した。

同従業員は自宅で作業を行うため、業務用メールデータを持ち出して個人のPCに保存。さらに自宅ネットワークに接続しフォルダを共有していたが、ファイル共有ソフト「Winny」を利用する別のPCがネットワークに接続していたため、ウイルス感染により共有フォルダ内のデータも流出したという。

2006年8月に流出したと見られており、同社では、対象となる顧客に流出データの内容説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2009/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
番組映像の記録媒体が所在不明に - テレビ大阪
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導