Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧子会社から顧客情報がWinny流出 - アイティーブースト

ITシステム事業を展開するアイティーブーストは、従業員のPCから旧子会社で扱った顧客情報がファイル共有ソフト「Winny」経由で流出したと発表した。

流出が判明したのは、2006年5月に合併した同社の旧子会社であるエクスビットの顧客情報92件。流出したデータは顧客によって異なるが、氏名やメールアドレス、電話番号、ドメイン名、企業名などが含まれる。

2月5日に外部から流出を指摘するメールがあり、翌6日に事故対策本部を設置し、調査したところ10日に流出したファイルを確認。原因となった従業員およびPCを特定した。

同従業員は自宅で作業を行うため、業務用メールデータを持ち出して個人のPCに保存。さらに自宅ネットワークに接続しフォルダを共有していたが、ファイル共有ソフト「Winny」を利用する別のPCがネットワークに接続していたため、ウイルス感染により共有フォルダ内のデータも流出したという。

2006年8月に流出したと見られており、同社では、対象となる顧客に流出データの内容説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2009/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に