Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インフルエンザなど不測の事態に備えた事業継続ソリューション - NTTソフト

NTTソフトウェアは、不測の事態が発生した際にもリモート環境からオフィス業務の継続を実現する「新型インフルエンザ対策ソリューション」の提供を開始した。

同サービスは、外部から企業内のシステムへ安全にアクセスできるリモートオフィス環境を構築するソリューション。インフルエンザの流行時など、出社が困難な際にも自宅など外部からオフィス業務が行える環境を構築。不測の事態が発生した際にも事業を継続できる体制作りを支援する。

具体的には、リモートオフィス環境の運用に関するコンサルティングサービスを展開し、USB認証デバイスにより、既存PCをVPN接続が可能なシンクライアント端末として活用するソリューションを提供。構築したリモート環境は、非常時以外にも取引先や出張先など平常時にも活用できる。

またインフルエンザ対策として、「多地点電話会議システム」「安否確認システム」などのオプションも用意した。

(Security NEXT - 2009/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック