Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が納税者の個人情報を持ち帰り、誤って第三者へメール送信 - 加古川市

加古川市の職員が、納税者に関する個人情報最大789件が含まれるデータを持ち帰り、誤って第三者にメール送信していたことがわかった。

誤送信されたのは、市民税課が管理している2006年度相続人確定システムに登録されていた最大789人分の氏名、住所、生年月日、死亡日、相続人氏名など含むデータ。

同課の職員がデータを自宅へ持ち帰り、個人のパソコンに保存。昨年7月にほかの端末へデータを転送しようとした際、メールアドレスの入力を誤って第三者1人に送信したという。2月2日にデータの受信者から連絡があり、問題が発覚した。

同市では、対象となる納税者に対し文書で説明と謝罪を行っている。また、不正に利用されたという事実は確認されていないという。

(Security NEXT - 2009/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
物件案内メールで顧客のメアド流出 - 飯田グループ会社
元会員向けのメールで誤送信 - 神奈中スポーツデザイン
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大