Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルチベンダー対応サポートに監視サービスを追加 - 日立電サ

日立電子サービスは、システムの異常を検知し、通報する「マルチベンダ通報サービス」を提供開始した。

同社では、機器の異常についてマルチベンダーで対応する「マルチベンダシステムサポートサービス」を従来より提供しているが、利用者向けに機器の異常を24時間体制で監視するサービスをオプションとして提供するもの。

30分ごとに「ping」を発行することにより死活を監視し、装置の異常を検知した場合同社の受付センターへ自動で通報するため、ダウンタイムが短縮できる。また通信回線にはIP-VPN回線を使用するなどセキュリティにも配慮した。

さらに同サービスを強化した「マルチベンダ通報サービスプラス」も用意。装置が異常を検知した際に発信するメールの障害通知をもとに同社センターへ通報するもので、よりタイムリーかつ精度の高い異常検知を実現している。

月額料金は「マルチベンダ通報サービス」が2万6250円から、「マルチベンダ通報サービスプラス」は3万6750円から。

(Security NEXT - 2009/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア