Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が顧客情報を持ち出して外部業者へ流出 - 情報商材業者

情報商材などを販売するダイレクト出版の元従業員が、同社が保有する顧客情報を不正に持ち出して外部業者に流出させていたことがわかった。

同社によれば、2009年1月9日退職予定だった従業員が不正に持ち出していたもので、2008年12月25日に問題が発覚。データが流出した一部顧客へ、身に覚えのない企業から営業の電話がかかってきたという。

不正に持ち出されたのは、同社から製品を購入したり、資料請求を行った顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど。カード情報については別途管理されており、現段階で流出は確認されていないと同社では説明している。

また流出先となった5社については特定が済んでおり、データの売買について停止するよう依頼、約束を交わしたほか、データを購入した企業に対しても同様の依頼を行っているとしている。

同社では、警察へ被害を届け、経済産業省に事態を報告。さらに顧客情報を持ち出した従業員を2008年12月25日付で退職処分ととし、代表取締役社長や監督責任者について減俸の懲戒処分を行った。顧客に対しては窓口を設置して問い合わせに対応するほか、メールマガジン配信について一時自粛する。

(Security NEXT - 2009/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル