Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師が患者情報含む電子手帳を紛失 - 大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターは、患者情報を記録した電子手帳を、同センターに勤務する医師が紛失していたことを明らかにした。

所在が不明になっているのは、2006年3月から2008年7月までに、術中経食道心エコーの検査を受けた患者136人の氏名および病名などが記録されていた電子手帳。病名は英語の略字で記載されており、専門医以外は判別が困難だと同院では説明している。

同医師は9月5日に紛失に気付いたが、その後捜索を続けていたが見つからず、10月17日になって報告を行った。同センターでは、対象となる患者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県