Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

禁止ソフトの自動強制終了も可能なPC管理・監視サービス - 日立ソフト

日立ソフトウェアエンジニアリングは、「SecureOnline統制IT基盤提供サービス」において、月額制で提供する「PC管理・監視サービス」を開始した。

同サービスは、組織内PCの管理をサポートし、不正ソフトの使用を禁止することでIT全般統制を実現するセキュリティソリューション。ネットワークにあるPCのOS、CPU、メモリ、インストールしているソフトの情報などを収集し、管理台帳を自動的に作成する「管理台帳自動作成機能」を提供する。

また、組織で使用を禁止したいソフトをあらかじめリストアップし、それらソフトの起動を検知して自動的に強制終了させる機能を搭載。さらにいつどのPCでどのソフトを使ったか、システム管理者に通報できる。

価格は、月額基本料が3万1500円。PC1台あたりの月額利用料が210円。

(Security NEXT - 2008/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化