Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「日本著作権侵害者撲滅協会」に注意 - 不審サイトは消滅

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、「日本著作権侵害者撲滅協会」と一切関係ないとして注意を呼びかけた。

「日本著作権侵害者撲滅協会(Japan Anti-Piracy Association)」と名乗る団体が、ウェブサイト上で入会や会員登録料を募っていたもので、組織を説明する際にJASRACや文化庁、著作権情報センターなどと関連があるかのように装っていた。すでにウェブページは削除されている。

同団体のウェブサイトへアクセスさせるスパムメールも発生しており、個人情報など取得したと見せかけ、各団体へデータを提供するなどと脅して金銭を要求する架空請求が確認されている。

(Security NEXT - 2008/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導