Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や機密情報を隔離する「eX PDS」最新版 - クオリティ

クオリティは、PC内に保存された個人情報や機密情報含むファイルを検知して隔離するツール「eX PDS Ver.3」を発売した。

同製品は、企業のクライアントPC内に保存されたファイルを検索し、個人情報や機密情報が含まれるファイルを収集して隔離するセキュリティ対策ツール。検出されたファイルは、PCのユーザーが通常設定しているファイル保管のディレクトリとは異なるフォルダに隔離できる。

従来版では、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど個人情報を含むファイルのみが探査対象だったが、最新版では管理者が任意に設定した「機密情報キーワード」が含まれるファイルの探査も可能になった。また導入時に検出条件を調査する簡易調査機能や、報告書の分析機能などを追加している。

(Security NEXT - 2008/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ