Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

勤め先とのトラブルで不正アクセスした男性を逮捕

警視庁は、以前の勤め先へ不正アクセスを行った東京都在住の男性を不正アクセス禁止法違反や電子計算機損壊等業務妨害の容疑で逮捕した。

逮捕された男性は、都内IT事業者の元従業員で、2月に同社が運用している通信販売サイトへ不正にアクセス。顧客の個人情報や商品に関する情報などのデータを削除したもの。

同社との間でトラブルがあり、その腹いせに犯行に及んだと見られている。不正アクセスには、以前利用していたIDなどを用いていたという。

(Security NEXT - 2008/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性