Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京ガスの委託先が28世帯分の顧客情報を一時紛失 - 事務所内の洗濯場で見つかる

東京ガスの業務委託先が、顧客情報を記載した書類を一時紛失したことがわかった。書類はすでに発見、回収されている。

同社がガス工事を委託しているさいたま市のトキワの従業員が、一時紛失したもの。8月10日の作業中に「ガス設備調査表」「巡回予定表」「機器調査の周知文」などクリアファイルに入った工事関連書類8枚の所在がわからなくなったという。

同社従業員は、クリアファイルをバインダーへ挟んで持ち運んでおり、顧客を訪問した際に紛失へ気が付いた。氏名や部屋番号、電話番号、訪問希望日、訪問時間帯など2物件28世帯分の顧客情報が含まれる。また大家の氏名、電話番号が記録されていた。

東京ガスでは警察へ被害を届け、8月12日に事故を公表したが、翌13日に再度探索を実施したところ、事務所内の洗濯場から見つかった。関連する顧客に対しては、訪問した上で事情を説明して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 名古屋のヨガスタジオ
自宅作業で県システムのPWをメール、送信先誤る - 佐賀県
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
委託先が業務用端末と制服を置き忘れて紛失 - 東京ガス
顧客情報含むリストが所在不明、巡回時に紛失か - 東京ガス
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社