Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

お盆直前、帰省時に気を付けたい7つのセキュリティ対策 - G DATA

G DATA Softwareは、まもなくお盆休みを迎え、帰省など通常とは異なるインターネット環境を利用する機会が増えることから、気を付けるべき7種類のセキュリティ対策を取りまとめ、紹介している。

不特定多数が利用するPCやネットワークを利用した場合、外部からの攻撃にさらされる可能性が高く、個人情報の盗聴など被害を受けるケースがあるとして、気軽にだれでも実践できるセキュリティ対策のポイントをまとめたもの。

不用意な個人情報の入力を避けたり、残存する個人情報の削除といったPC利用後のケアなど、ポイントは以下の7種類。同社では、パソコンの盗難や紛失と合わせて気を付けるよう注意を呼びかけている。

1:ネットカフェや公衆無線LANで個人情報を入力しない
2:PC使用後に一時ファイルや履歴、クッキーを削除、ウェブサービスからのログアウト
3:旅行先からのメールは、「捨てアドレス」を利用
4:ネット通販、オンラインバンキングの使用を避ける
5:クレジットカード情報を入力しない
6:ファイアウォールやHTTPスキャンが利用可能なセキュリティ対策ソフトの使用
7:データのバックアップ、重要なデータの暗号化

(Security NEXT - 2008/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ