Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

お盆直前、帰省時に気を付けたい7つのセキュリティ対策 - G DATA

G DATA Softwareは、まもなくお盆休みを迎え、帰省など通常とは異なるインターネット環境を利用する機会が増えることから、気を付けるべき7種類のセキュリティ対策を取りまとめ、紹介している。

不特定多数が利用するPCやネットワークを利用した場合、外部からの攻撃にさらされる可能性が高く、個人情報の盗聴など被害を受けるケースがあるとして、気軽にだれでも実践できるセキュリティ対策のポイントをまとめたもの。

不用意な個人情報の入力を避けたり、残存する個人情報の削除といったPC利用後のケアなど、ポイントは以下の7種類。同社では、パソコンの盗難や紛失と合わせて気を付けるよう注意を呼びかけている。

1:ネットカフェや公衆無線LANで個人情報を入力しない
2:PC使用後に一時ファイルや履歴、クッキーを削除、ウェブサービスからのログアウト
3:旅行先からのメールは、「捨てアドレス」を利用
4:ネット通販、オンラインバンキングの使用を避ける
5:クレジットカード情報を入力しない
6:ファイアウォールやHTTPスキャンが利用可能なセキュリティ対策ソフトの使用
7:データのバックアップ、重要なデータの暗号化

(Security NEXT - 2008/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
SAP、定例パッチをリリース - CVSS最高値の脆弱性を修正