Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「緊急」7件含む12件のパッチが13日に公開 - MSの事前予告

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。8月は深刻度が「緊急」とされる7件を含む12件が13日より公開される見込み。

深刻度が「緊急」とされる脆弱性は、「Windows」や「Internet Explorer」「Media Player」に関するもののほか、「Excel」や「PowerPoint」「Access」など「Office」関連のパッチが含まれる。いずれの脆弱性も外部からコードを実行されるおそれがある。

また「重要」とされる脆弱性は5件。「Windows」や「Outlook Express」「Messenger」など情報漏洩のおそれがある脆弱性を解消するほか、「Windows」と「Word」ににおいてリモートでコードが実行される問題に対応する。

2008年8月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-aug.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、定例外で2件のアップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正