Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダブルチェック機能せず、脳ドックの結果を別人へ送付 - 横浜市

横浜市立脳血管医療センターは、脳ドックの受診者へ結果報告書を送付する際、誤って別人の書類を送信していたことを明らかにした。

2件の報告書をそれぞれ異なる受診者へ送信したもので、報告書には受診者の氏名や住所、性別、生年月日のほか、検査結果が記載されていた。報告書を受け取った受診者の指摘により誤送付が判明し、同市職員が謝罪。問題の報告書を回収している。

書類を作成した職員、引き継いだ郵送担当職員、いずれも宛先などを確認することになっていたが、チェックせずに送付してしまったという。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
委託事業者が受給者証交付者リストを別の医療機関に誤送付 - 大阪市
顧客情報を別の口座振替収納企業へ誤送付 - 西京信金
臨床研究で検査機関に個人情報を誤送付、すでに削除済み - 愛知医科大
組合加入事業所の個人情報を他社へ誤提供 - 土健保
認定農業者に調査票を誤送付、名簿の宛名と住所にずれ - 三重県
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
委託先医療機関が他社の健診結果を誤送付 - ITS健保
看護職員修学資金の書類を異なる宛先に送付 - 静岡県
メールにアンケート回答結果を誤添付して送信 - 富山県