Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダブルチェック機能せず、脳ドックの結果を別人へ送付 - 横浜市

横浜市立脳血管医療センターは、脳ドックの受診者へ結果報告書を送付する際、誤って別人の書類を送信していたことを明らかにした。

2件の報告書をそれぞれ異なる受診者へ送信したもので、報告書には受診者の氏名や住所、性別、生年月日のほか、検査結果が記載されていた。報告書を受け取った受診者の指摘により誤送付が判明し、同市職員が謝罪。問題の報告書を回収している。

書類を作成した職員、引き継いだ郵送担当職員、いずれも宛先などを確認することになっていたが、チェックせずに送付してしまったという。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
自動車輸送統計調査で誤送付、別人の回答用パスワードを同封 - 国交省
「ふるさと町民証」送付時に無関係の個人情報を同封 - 真鶴町
ふるさと納税者に第三者の個人情報含む文書を誤送付 - 太良町
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
生活保護受給者の個人情報含む書類を誤送付 - 大阪市
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県