Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

作業車両ごと個人情報を盗まれた職員を処分 - 大阪市

大阪市が、5月に個人情報が記載された図面を車両ごと盗まれた水道局の職員に対して、6月に戒告処分を行っていたことがわかった。

同職員は5月23日、業務車両にキーを付けたまま作業をしていたところ、何者かに持ち去られ、車内に置いてあった個人情報約500件が含まれる図面を紛失した。車両は26日に市内で発見され、図面も盗難当時の状態で回収されている。

(Security NEXT - 2008/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市