Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の国内のフィッシング報告は微増 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、5月に同協議会へ届けられたフィッシングの状況をとりまとめ、公表した。

5月は、フィッシングの報告が1件と少なかった4月から2件増加し、3件だった。フィッシングメール、フィッシングサイトは、いずれも3件と同様に増加したものの、過去1年間の平均より低い件数だった。

ブランドの悪用も同じく3件で、金融に関するものが2件。以前にフィッシングメールが確認されている「Bank of America」が再び標的とされているが、内容は以前のものと異なり、「定期メンテナンスで異常が検知された」といった文言で偽サイトへ誘引するという。

また「PayPal」のフィッシングメールも発生しており、「アカウントに不正な取引があったため、アクセスを制限している」としてウェブサイト上から情報を入力させようとするものだった。金融以外の1件は「Google AdWords」を偽装したもので、決済がうまくいかないとして中国へアクセスさせ、IDやパスワードを詐取するものだった。

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心