Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オプションでHTTPS経由の脅威にも対応する「MIMEsweeper Web Appliance」

クリアスウィフトは、ウェブセキュリティソリューションの最新版「MIMEsweeper Web Appliance 1.2.1」を発売した。

同製品は、双方向のウェブトラフィックについて監視し、ウェブサイト経由によるウイルスやスパイウェアの侵入を防いだり、URLフィルタリングを実現するセキュリティアプライアンス。Web2.0サイトなど、外部への書き込みを禁止し、情報漏洩の防止にも活用できる。

最新版では、有償オプションの「HTTPSコンテンツ分析」や「Reverse Proxy」を追加。HTTPSコンテンツ分析では、HTTPSトラフィックについても監視し、マルウェアの侵入や外部サイトへの情報漏洩を防止することが可能。必要に応じて特定のトラフィックのみ許可することもできる。

また「Reverse Proxyモデル」では、公開しているウェブサーバへ不適切な投稿から守ることができる。さらに同社の「MIMEsweeper Email Appliance」を併用する場合、共通の管理画面から管理したり、レポートを作成することができるようになった。またソフトウェアアプライアンスを追加し、認定ハードウェアプラットフォームで使用できる。

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security