Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要10社により日本セキュリティオペレーション事業者協議会が発足

セキュリティオペレーション事業を展開する主要10社は、「日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)」を発足した。

現在、セキュリティオペレーションサービスについては、各事業者が独自に運用指針やサービス基準を用意しているが、業界基準が整備されていないことから、同協議会では、ガイドラインの策定を目指す。

サービスの重要性について認知を高めるため、積極的に情報提供などを実施するほか、技術の向上や人材の育成、関係組織の連携など業界横断的な活動を展開する。

参加企業は、IIJテクノロジー、IIJ、NRIセキュアテクノロジーズ、NTTデータ、NEC、NTT、日立情報システムズ、富士通、三井物産セキュアディレクション、ラックの10社。協議会は日本ネットワークセキュリティ協会に設置され、JNSAが事務局を運営する。

(Security NEXT - 2008/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に