Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先のミスにより顧客情報がネット上で閲覧可能に - リンク・プロモーション

中古車の買取、販売を展開するリンク・プロモーションのウェブサイト上で、顧客の個人情報が一時閲覧できる状態だったことがわかった。

閲覧可能な状態となったのは、3月1日から5月17日の間に、同社サイトから問い合わせを行った顧客27人の個人情報。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、車両情報などが含まれる。原因は、サイト制作を請け負った業務委託先の作業ミスで、不具合はすでに修正されている。

同社によれば、流出した情報の不正利用などによる被害報告は確認されていないという。同社では、対象となる顧客へ書面で説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に