Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

借用証書を別の顧客へ送付、回収できず - 国民生活金融公庫

国民生活金融公庫は、顧客情報が記載された書類を誤って関係ない顧客へ送付したと発表した。

大阪支店において借用証書を、本来送るはずだった顧客とは別の顧客へ誤って発送したもので、法人名や代表者の氏名、融資額、取引番号などが記載されいた。6日の時点で書類は回収できておらず、同公庫では、関連する顧客へ連絡し、謝罪した。

(Security NEXT - 2008/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
委託先ランサム被害で顧客情報流出、当初報告から状況変化 - クボタクレジット
委託事業者が受給者証交付者リストを別の医療機関に誤送付 - 大阪市
狂犬病予防注射案内ハガキで誤記載、データ移行不備で - 岡山市
認定農業者に調査票を誤送付、名簿の宛名と住所にずれ - 三重県
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
保育園選考結果で誤送付 - 部屋番号の「0」を意図せず削除
約1.5万件の案内ハガキで宛名違い - 大和リビング
看護職員修学資金の書類を異なる宛先に送付 - 静岡県
配送品に伝票を二重貼り、剥がすと異なる顧客情報 - 広島の家具会社