Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで複数のホスティング利用者が改ざん被害 - さくらインターネット

さくらインターネットのホスティングサービスに不正アクセスがあり、同サービスを通じて公開されているサイトを閲覧した際、不正なコードが埋め込まれる被害が発生したことがわかった。

同社によれば、ARPスプーフィングの攻撃を受けたもので、6月1日未明から翌2日の夕方ごろにかけて、同社ホスティングサービス「専用サーバ10Mスタンダード」の一部サーバで被害が発生した。

問題の時間に同サービス上のウェブサイトを閲覧した場合、iframeタグなど不正なコードを埋め込まれ、ウイルスなどへ感染するおそれがあったという。

被害対象となったIPアドレスの範囲は判明しており、最大120台前後のサーバが影響を受けた可能性がある。同社では詳細を調べており、判明次第、関連する顧客へ事情を説明するとしている。

今回の不正アクセスでは、同社ホスティングサービスを利用する「PHP.net」のミラーサイト「jp2.php.net」をはじめ、PHPウェブアプリのフレームワーク「Ethna」や、ゲームメーカー「ゆずソフト」などのウェブサイトでコードを挿入される被害が発生。

被害を受けた複数のサイトでは、サーバ上のファイル自体に改ざんはなく、通信経路などにおいて改ざんされた可能性が高いと公表、閲覧者にウイルスチェックをサイト上で呼びかけていた。

(Security NEXT - 2008/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバに不正アクセス、原因や影響など調査中 - 共英製鋼
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因や影響を調査 - 伯東
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会