Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月に判明した個人情報含む帳票の紛失を公表 - 碧海信金

碧海信用金庫は、有松支店において、109人分の顧客情報含む帳票が所在不明となっていることを明らかにした。

紛失したのは、本部から営業店へ不動産に関する事務の承認を通知する「不動産承認通知書」。1997年4月30日から2007年3月28日までの期間に扱った144件が所在不明となっており、顧客109人分の氏名、項目、金額、条件、日付などが記載されていた。

2007年4月9日から2008年2月1日までの間に紛失したとみられている。2008年2月1日に紛失が判明し、同信金が捜索を続けていたが、発見できず4月に入り事故を公表した。内部で誤って廃棄された可能性が高く、同信金では外部へ流出したおそれは低いと説明している。

(Security NEXT - 2008/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
2店舗で印鑑届や融資関係書類が所在不明 - 三島信金