Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク機器の設定管理ソフト「Configvisor」がSSHに対応

日立電子サービスは、ネットワーク機器の設定情報を管理するソフトウェア「Configvisor」の機能を強化した。

同製品は、ネットワーク機器の設定情報を収集したり運用管理行えるソフトウェア。変更の自動検知をはじめ、パスワード定期変更、設定履歴参照などが行える。従来よりネットワーク機器との接続にTelnetを利用しているが、今回機能を強化し、セキュアな通信を実現するSSHに対応した。

(Security NEXT - 2008/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング