Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク機器の設定管理ソフト「Configvisor」がSSHに対応

日立電子サービスは、ネットワーク機器の設定情報を管理するソフトウェア「Configvisor」の機能を強化した。

同製品は、ネットワーク機器の設定情報を収集したり運用管理行えるソフトウェア。変更の自動検知をはじめ、パスワード定期変更、設定履歴参照などが行える。従来よりネットワーク機器との接続にTelnetを利用しているが、今回機能を強化し、セキュアな通信を実現するSSHに対応した。

(Security NEXT - 2008/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「LogonTracer」に新版、複数ログの管理に対応 - Sigmaルールも利用可能に
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
トレンド、実務者や経営層向けにセキュ教育サービス
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応