Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク機器の設定管理ソフト「Configvisor」がSSHに対応

日立電子サービスは、ネットワーク機器の設定情報を管理するソフトウェア「Configvisor」の機能を強化した。

同製品は、ネットワーク機器の設定情報を収集したり運用管理行えるソフトウェア。変更の自動検知をはじめ、パスワード定期変更、設定履歴参照などが行える。従来よりネットワーク機器との接続にTelnetを利用しているが、今回機能を強化し、セキュアな通信を実現するSSHに対応した。

(Security NEXT - 2008/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
チャットで応対する月額制セキュリティ相談サービス
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
管理が不十分なサーバやネットワーク機器を洗い出すサービス - マクニカネット
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス