Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJニコスやジャックスなども対応策明らかに - サウンドハウス問題

楽器通販サイト「サウンドハウス」が不正アクセスを受け、個人情報が漏洩した可能性が明らかになった問題で、三菱UFJニコスや三井住友VISAカード、ジャックスなども今後の対応について公表した。

いずれもすでに対応を明らかにしているJCBやオリコと同様、検知システムなど活用し、不正利用の監視を強化。今回の個人情報流出事故に起因した不正使用が発生した場合についても、利用者に負担が発生しないことを強調している。

また三井UFJニコスでは、心あたりがない請求が行われた場合、コールセンターへ連絡するよう呼びかけている。一方、ジャックスでは、4月8日付けでカードの差し替えに関する案内を関係者へ個別に送付する予定。

(Security NEXT - 2008/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性