Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「バーチャルセキュリティパッチサービス」を開始 - 住商情報システム

住商情報システムは、同社データセンター「netXDC」において、サーバOSのセキュリティパッチを仮想的に実現する「バーチャルセキュリティパッチサービス」を開始する。

同サービスは、米Blue Laneの「ServerShield」を活用したもので、データセンター内のサーバに対し、ネットワーク上で仮想的にセキュリティパッチと同等の無害化処理を行うサービス。

サーバの変更は行わないため、パッチ適用にあたり通常必要となる動作確認の調査や対応コストを削減でき、即座にパッチの内容を反映することが可能。同社でServerShieldの機器購入から障害対応、保守管理までワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド