Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「バーチャルセキュリティパッチサービス」を開始 - 住商情報システム

住商情報システムは、同社データセンター「netXDC」において、サーバOSのセキュリティパッチを仮想的に実現する「バーチャルセキュリティパッチサービス」を開始する。

同サービスは、米Blue Laneの「ServerShield」を活用したもので、データセンター内のサーバに対し、ネットワーク上で仮想的にセキュリティパッチと同等の無害化処理を行うサービス。

サーバの変更は行わないため、パッチ適用にあたり通常必要となる動作確認の調査や対応コストを削減でき、即座にパッチの内容を反映することが可能。同社でServerShieldの機器購入から障害対応、保守管理までワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

外部委託先などを対象としたセキュリティデューデリサービス
「改訂新版セキュリティエンジニアの教科書」が発売 - 日本シーサート協議会
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス
「Zabbix」の延長サポートサービスを開始 - サイバートラスト
IT資産を調査、リスクを評価できるASMサービス - SST
アズジェント、攻撃対象領域の分析サービス - 1回限定で無償提供
特定社会基盤事業者や周辺事業者向けのリスク対策支援サービス
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
生成AIに擬似攻撃、リスクを評価するサービス - NRIセキュア
自社開発エンジンによる「ASMツール」を提供 - GMOサイバーセキュリティ