Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「バーチャルセキュリティパッチサービス」を開始 - 住商情報システム

住商情報システムは、同社データセンター「netXDC」において、サーバOSのセキュリティパッチを仮想的に実現する「バーチャルセキュリティパッチサービス」を開始する。

同サービスは、米Blue Laneの「ServerShield」を活用したもので、データセンター内のサーバに対し、ネットワーク上で仮想的にセキュリティパッチと同等の無害化処理を行うサービス。

サーバの変更は行わないため、パッチ適用にあたり通常必要となる動作確認の調査や対応コストを削減でき、即座にパッチの内容を反映することが可能。同社でServerShieldの機器購入から障害対応、保守管理までワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス