Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北國銀行でネットバンク利用者のメルアドが流出 - 事故原因で食い違い

北國銀行は、一部ネットバンキング利用者のメールアドレスが流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、同行のインターネットバンキングサービス「ダイレクトチャネル」の利用者に対して送信した新サービス開始の案内メール。

4月1日に「BCC」を利用して400人へ送信したが、メールの本文に顧客232人のメールアドレスが表示された状態となった。アドレス以外の情報流出はなく、不正使用に関する報告も確認されていないが、同行では、メールを送信した400人全員に事情説明と謝罪を行い、不正利用などに対して注意を促している。

同行では、今回の事故原因について、NECソフト製メールソフトの不具合としているが、NECソフトでは、原因が特定できていないとして、不具合について認めていない。

メール送信には同メールソフト以外のプログラムも介在しており、同メールソフトが直接的な事故の原因ではなく、連携上の問題など他要因で発生した可能性もあるとして、NECソフトでは現在調査を進めているという。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園