Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性届け出システムをリニューアル - ユーザビリティが向上

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性関連情報の届出システムのリニューアルを実施した。

IPAでは、ソフトウェアやウェブアプリに関する脆弱性情報の届け出機関として、2004年7月より受け付けを開始。2007年12月末の時点で、受け付け件数は1749件に達している。

今回実施したリニューアルは、利用者の要望などを反映したもので、ウェブ上のフォームについて入力ページを分割することによる省力化など、操作性を改善。また届け出内容の確認ページの用意したり、ファイルの添付機能を設けるなど機能を強化した。

また届け出フォームの種類を追加しており、自社製品における脆弱性の公表や、すでに対策が公表されている脆弱性の検証コード情報を受け付ける届け出フォームを用意するなど、使い勝手を向上させた。

(Security NEXT - 2008/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能