Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都道府県教育委員会へフィルタリングの啓発活動を要請 - 3省庁

総務省や警察庁、文部科学省は合同で、都道府県の教育委員会や警察に対し、子どもの携帯電話におけるフィルタリング対策について啓発活動へ取り組むよう要請した。

すでに2007年2月に都道府県へ通知しており、2008年1月からは携帯電話キャリアによる未成年者を対象としたフィルタリングの「原則利用」といった対策が進められているが、保護者の理解や認識が不十分であるとして、啓発活動を要請したもの。

都道府県や教育委員会に対しては、市区町村教育委員会へフィルタリングの周知を求めるほか、学校関係者や保護者など、住民に対する啓発活動に取り組むことを求めている。

(Security NEXT - 2008/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本