Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便物の誤配達事故が2件発生 - 遠軽信用金庫

遠軽信用金庫において、郵便物の誤配達事故が2件発生した。

懸賞金の抽選場号を知らせる際、異なる顧客へ誤って郵送されたもの。氏名や住所のほか、預金名義や口座番号、満期日、預け入れ金額、利息情報、抽選番号など記載されていた。誤配達された顧客より連絡を受け、3月1日に事故が判明したという。

また3月10日には、預金・積金払戻請求書1通の誤配達が発生。氏名や口座番号、支払日、元金、利息、税務情報、現金支払額、届出印鑑など含まれる。誤配達した郵便事業が同信金へ報告したことにより事故が明らかとなった。いずれの事故についても顧客を訪問し、事情を説明した上で謝罪した。

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県