Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「日記や動画の著作権は利用者」 - ミクシィが利用規約を修正

ミクシィは、SNSサービス「mixi」において4月から適用する予定だった利用規約について修正し、公表した。

3月3日に同社では、4月以降に適用される利用規約を発表したが、ユーザーが投稿した日記について同社が無償かつ非独占的に使用できるとし、投稿した利用者が著作者人格権を放棄する内容だったことから、反発の声が上がっていた。

今回修正が加えられた条文では、著作権や著作人格権がユーザーに帰属するとし、同社が利用できる範囲についても、システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲と制限を設けた。また、ユーザーが設定した公開の範囲を超えて使用しないことも明記されている。また動画についても同様の方針へ変更している。

ミクシィ
http://mixi.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失