Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪電通大が大学院生を処分 - 「ウイルス作成は決して許されざる行為」

大阪電気通信大学は、大学院生がウイルスを作成、配布し、その際、アニメ画像を無断で利用したことによる著作権法違反や個人情報を流出したことによる名誉毀損により、2007年2月に逮捕、起訴された問題で、問題の大学院生に対し、懲戒処分を行った。

個人情報を流出したことは取り返しがつかない重大な行為で、ウイルスをネットワーク上へ拡散させたことは、情報倫理が求められる教育機関として許されざる行為と指摘。裁判については今後を見守るとしながらも、今回の一連の行動が学則に違反するとして、本人に事実確認をした上で、大学院の教授会の審議により3月15日から無期停学の懲戒処分を決定した。

今後同大では、同大学院生の更生をすすめるとしており、学生部長を中心とした補導チームにより教育指導を定期的に行うという。

(Security NEXT - 2008/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験