Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複製によるデータ拡散を防止できる「ドキュメントプロテクションサービス」

イーディーコントライブは、DVD-ROMやCD-ROMで配布するデータの複製や拡散を防止する「ドキュメントプロテクションサービス」を提供開始した。

同サービスは、データに対して利用を制限を設定し、関係者以外への漏洩を防止できるセキュリティソリューションで、プレスから物流までワンストップで提供。プロテクト作業の軽減化を実現する利便性重視のサービス「ProRing」と機密情報管理向けのセキュリティを重視したサービス「Star Force Lite」の2種類を用意した。

「ProRing」では、配布したCD-ROM上のデータファイル対し、利用者が閲覧やハードディスクへの保存、印刷など権限を設定できる。また「ディスク判別機能」により、メディアをコピーしてもコピー先での利用を防止。さらに「Star Force Lite」では、ファイル利用時にキーコードによる認証をかけることができる。

配布されたメディアを利用する際も、ソフトのインストールや管理者権限が不要。対応ファイルは、JPEGやPNGをはじめとする画像やテキストファイル、WordやExcel、PowerPoint、PDFなど。

(Security NEXT - 2008/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー