Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

割符の保存先を任意に選べる「モバイル割符2.0」 - 日立ビジネス

日立ビジネスソリューションは、機密データを分割して割符化し、異なる媒体に保存して配布することで漏洩を防止する「モバイル割符2.0」シリーズを、3月17日より順次発売する。

同製品は、機密データを分割した割符を別々に保管し、すべての割符が揃わないとデータの復元を不可能とすることで漏洩を防止するセキュリティ製品。最新版では、配布用割符機能を追加。配布したいデータにパスワードと有効期限を設定して割符を作成できる。また、3種類の割符を利用し、1つを紛失してもデータが復元できるバックアップ機能を搭載した。

また、最新版ではインストール型を採用したことで、割符の保存先をパソコン上や通常のUSBメモリなど任意の媒体が選ぶことが可能で、従来製品で必要だった専用USBメモリがなくても利用できる。

価格は、ファイルのみを分割する「モバイル割符2.0 File Security」が2万5200円。ファイルとフォルダを分割する「モバイル割符2.0 ED Folder Security」が6万7200円。いずれも5ライセンス込みの価格。配布用割符を復元する「モバイル割符2.0 DD」は、10ライセンスで2万9400円。

(Security NEXT - 2008/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所