Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月のセキュリティパッチは「緊急」4件 - マイクロソフト事前予告

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。3月12日より4件を提供する予定で、いずれも深刻度は「緊急」。

今回提供される更新プログラムはすべて「Office」に関するもので、最大深刻度はいずれも最も高い「緊急」。脆弱性を攻撃された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

また4件中2件については、Mac版にも影響あるという。そのほか、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」やセキュリティ以外の更新プログラムについても提供される見込み。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年3月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-mar.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
「サポート詐欺」の相談が3割増 - 過去最多を更新
省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC