Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月のセキュリティパッチは「緊急」4件 - マイクロソフト事前予告

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。3月12日より4件を提供する予定で、いずれも深刻度は「緊急」。

今回提供される更新プログラムはすべて「Office」に関するもので、最大深刻度はいずれも最も高い「緊急」。脆弱性を攻撃された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

また4件中2件については、Mac版にも影響あるという。そのほか、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」やセキュリティ以外の更新プログラムについても提供される見込み。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年3月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-mar.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県