Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規ソフト出品の裏で海賊版を販売した男性が逮捕 - 入手先は「Limewire」

北海道警生活経済課と手稲署は、オークションサイト「ヤフーオークション」で「ATOK」の海賊版を販売した新宿区の男性を著作権法違反容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、容疑者の男性は正規ソフトを出品しつつも、安価なソフトの用意があることをほのめかし、問い合わせを募って海賊版を販売していた。男性は、不正ソフトをファイル交換ソフト「Limewire」から入手しており、海賊版ソフト200枚などが押収されている。

また同男性は、2007年10月31日に海賊版販売容疑で逮捕されている男性から海賊版の購入歴があり、捜査の課程で犯行が発覚した。同男性の購入者で逮捕に至ったのは今回で3回目。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー