Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員のメール送信ミスでアドレス30件が流出 - 特許庁

特許庁において、メールの送信ミスによるメールアドレスの流出事故が発生したことがわかった。

同庁職員が、2月26日に業務委託先担当者へ業務メールを送信した際、メールアドレスを宛先に記載したことから30人分の情報がほかの受信者から確認できる状態になったもの。

同職員は発信直後、事故に気が付き、関係者へ謝罪し、問題のメールについて削除するよう依頼したという。同庁では2007年10月にも誤送信によるメールアドレスの流出事故が発生しており、今回の事故を受け、職員に対して再度メール送信に関して指導を行ったという。

(Security NEXT - 2008/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム