Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員のメール送信ミスでアドレス30件が流出 - 特許庁

特許庁において、メールの送信ミスによるメールアドレスの流出事故が発生したことがわかった。

同庁職員が、2月26日に業務委託先担当者へ業務メールを送信した際、メールアドレスを宛先に記載したことから30人分の情報がほかの受信者から確認できる状態になったもの。

同職員は発信直後、事故に気が付き、関係者へ謝罪し、問題のメールについて削除するよう依頼したという。同庁では2007年10月にも誤送信によるメールアドレスの流出事故が発生しており、今回の事故を受け、職員に対して再度メール送信に関して指導を行ったという。

(Security NEXT - 2008/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医薬品開発支援のリニカル、今度は欧州子会社にサイバー攻撃 - 身代金要求の脅迫も
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP