Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員のメール送信ミスでアドレス30件が流出 - 特許庁

特許庁において、メールの送信ミスによるメールアドレスの流出事故が発生したことがわかった。

同庁職員が、2月26日に業務委託先担当者へ業務メールを送信した際、メールアドレスを宛先に記載したことから30人分の情報がほかの受信者から確認できる状態になったもの。

同職員は発信直後、事故に気が付き、関係者へ謝罪し、問題のメールについて削除するよう依頼したという。同庁では2007年10月にも誤送信によるメールアドレスの流出事故が発生しており、今回の事故を受け、職員に対して再度メール送信に関して指導を行ったという。

(Security NEXT - 2008/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE