Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽ルートキット対策ソフトに注意 - トレンドマイクロが注意喚起

トレンドマイクロは、同社のルートキット対策ソフト「ルートキットバスター」を偽装したウイルスが発生しているとして、ブログなどを通じて注意を呼びかけている。

同社が確認したウイルスは「TROJ_FAKEBUSTR.A」で、フリーウェアのダウンロードサイト利用者に対してメールでダウンロード先を紹介するなど感染活動を行っているという。

同ソフトでは、最新版を案内するとして名前やメールアドレスの入力を促し、入力した情報は第三者へ送信されるという。トレンドマイクロでは、入力したメールアドレスをもとに、再び攻撃を受ける可能性が高く、不正ソフトを誤って利用しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
意図せず名簿をPDF化、メールに誤添付 - 都委託先
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大