Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京東信用金庫で顧客情報の流出が判明 - 流出経緯は調査中

東京東信用金庫は、顧客情報の外部流出が判明し、現在回収を行っていると発表した。

流出が判明したのは、1994年から1996年までに、旧東武信用金庫が取り扱った18件の書類で、氏名や住所をはじめ、顧客番号、口座番号、取引内容など12件の顧客情報が含まれていた。

同金庫では、流出経緯などを現在調査しているが、不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下