Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京東信用金庫で顧客情報の流出が判明 - 流出経緯は調査中

東京東信用金庫は、顧客情報の外部流出が判明し、現在回収を行っていると発表した。

流出が判明したのは、1994年から1996年までに、旧東武信用金庫が取り扱った18件の書類で、氏名や住所をはじめ、顧客番号、口座番号、取引内容など12件の顧客情報が含まれていた。

同金庫では、流出経緯などを現在調査しているが、不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市
メール誤送信で教員選考試験受験者のメアド流出 - 沖縄県
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正