Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「楽天市場」の決済プロセスが「PCI DSS」に準拠

楽天は、同社が運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」の決済プロセスが、「PCI DSS」に準拠したと発表した。

「Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS)」は、クレジットカード会社の業界団体「PCI Security Standards Council」が定めた基準。インターネット環境でクレジットカードに関する情報が適切に保護されているか外部機関が監査する。

楽天では、ビザ・インターナショナルの診断プログラム「Account Information Security」において、大型加盟店を対象とした「レベル1」で監査を受け、準拠を確認したという。同プログラムでは、データの安全管理や送信の暗号化、ウイルス対策ソフトの利用のほか、アクセス制限や監視などが要件に盛り込まれている。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト