Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WANTEDオークションで海賊版を販売した男性を逮捕

兵庫県尼崎東署は、オークションサイトでCADソフトの海賊版を販売した容疑で愛知県蒲郡市の男性を逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、男性はオークションサイト「WANTEDオークション」を利用し、2007年3月ごろからオートデスクの「AutoCAD2008」をはじめとする海賊版を販売。またウェブ上で問い合わせがあったユーザーに対し取り扱う55種類のタイトルをメールで送付していた。

尼崎東署が海賊版の出品を発見し、ACCSを通じてオートデスクに連絡、同社が告訴した。また、ACCSが販売を確認した別のソフトウェアベンダーも告訴する準備を進めている。男性は海賊版の元となるソフトをオークションやファイル交換ソフトで入手していたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁