Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報55件含むPCが盗難被害に - 都内コンサルティング会社

ベンチャー企業向けの経営コンサルティング事業などを展開する未来予想は、取引先企業の情報を保存した業務用パソコンが盗難に遭ったと発表した。

被害に遭ったパソコンには、取引先企業2社分の情報が保存されており、55人分の個人情報が保存されていた。2007年12月22日に盗難が判明し、翌日警察へ被害届を提出している。

同社によると、暗号化された領域にデータを保存するよう指導していたが、暗号化されていない領域にファイルは保存されていたという。同社では、パスワードが設定されているものの、データが閲覧されるおそれがあることから、関連する2社に対し文書で説明と謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2008/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委