Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

懸賞応募者59人の個人情報がネット上で閲覧可能に - 宇都宮市

宇都宮地区広域行政推進協議会が保有する個人情報が、ネット上で閲覧可能な状態だったことがわかった。

流出したのは、2002年に同協会が実施した懸賞付きアンケートへの応募者情報。同アンケートにメールで回答した59人の氏名、住所、電話番号、年齢、性別、アンケートの回答内容など個人情報が含まれており、インターネット上で閲覧可能な状態だったという。

2007年12月29日に外部の指摘により流出が判明。同協議会では同日中にデータの削除を行ったという。同協議会では、今後セキュリティ対策と職員教育を再徹底して再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2008/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC