Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

懸賞応募者59人の個人情報がネット上で閲覧可能に - 宇都宮市

宇都宮地区広域行政推進協議会が保有する個人情報が、ネット上で閲覧可能な状態だったことがわかった。

流出したのは、2002年に同協会が実施した懸賞付きアンケートへの応募者情報。同アンケートにメールで回答した59人の氏名、住所、電話番号、年齢、性別、アンケートの回答内容など個人情報が含まれており、インターネット上で閲覧可能な状態だったという。

2007年12月29日に外部の指摘により流出が判明。同協議会では同日中にデータの削除を行ったという。同協議会では、今後セキュリティ対策と職員教育を再徹底して再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2008/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア