Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

懸賞応募者59人の個人情報がネット上で閲覧可能に - 宇都宮市

宇都宮地区広域行政推進協議会が保有する個人情報が、ネット上で閲覧可能な状態だったことがわかった。

流出したのは、2002年に同協会が実施した懸賞付きアンケートへの応募者情報。同アンケートにメールで回答した59人の氏名、住所、電話番号、年齢、性別、アンケートの回答内容など個人情報が含まれており、インターネット上で閲覧可能な状態だったという。

2007年12月29日に外部の指摘により流出が判明。同協議会では同日中にデータの削除を行ったという。同協議会では、今後セキュリティ対策と職員教育を再徹底して再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2008/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス